2010年11月26日金曜日

「人生の成功」に対する考え方の進化、深化

では、人生の成功とは、何でしょうか?

 前節で、一般的な成功者と言われている方で、自分の望む生き方をしている方が少ないのではないか、というようなことを申し上げました。もちろん、ちゃんと自分の望む生き方をされている方も沢山いると思いますが、そうでない方にはそうでない理由があります。

 あくまで私たちが想像する成功者のイメージの方ですが、その成功とは、「金、名誉、地位」といったものを手に入れることになります。

 では、「金、名誉、地位」はどのようにして手に入れるのでしょうか?それは競争において勝者になることで手に入れることができるのです。

 この勝者になる考え方というものは、これまでの学校教育において幼少のころから刷り込まれてきたといっても過言ではなく、若い人ほど強く持っている傾向があります。学歴偏重社会は、明治に作られた官僚制度の基盤人材を作り上げるために作られた学校制度に由来します。優れた官僚制度は国の基盤を強くし、他国と競合していく帝国主義時代には必要不可欠なものでした。戦後復興においても強力な官僚制度は威力を発揮し、限られた資源を有効活用し、欧米に追いつき追い越せと頑張ってきた日本を支えてきました。

 しかし、この官僚制度がワークしなくなってきました。それは(高級)官僚というものが、地位の象徴であり、晩年に金を得る手段となってきたからです。かつての志(こころざし)を持った公僕としての官僚は消滅し、私利私欲に走る官僚が日本を支配する時代になっています。

 勉強で一番になり、東大に入り、上級国家公務員試験に上位で合格し、あとは入った省庁内での競争に打ち勝つだけ、これが官僚の実態となっています。

 つまり、勝者になるために日夜努力しているようなものです。しかし、この中でも次官となれるのは5年次でひとりくらいであり、勝者となれる人は限られています。

 こうした勝者になる競争は何も官僚組織に限られたものではありません。民間企業でもそうでしょうし、企業同士の競争にしてもそうでしょう。

 しかし、勝者になれる者はほんの一握りの人であって、大半の人は敗者となるわけですから、勝者になる考え方では、ほとんどの人が「人生の成功者」になれません。

 そこで次に出てくる考え方が、達成するという考え方です。他人との競争ではなく、自分の目標をたて、そこに自分なりの方法や時間で到達しようという考え方です。

 目標を定め、そこに向かって努力すれば成功するという考え方で、一見素晴らしい考え方に思われるのですが、この段階でも問題が起きます。

 それは、目標を立てても必ずしも目標が成就するとは限らない、ということです。目標が大きければ大きいほど、ゴールが遠ければ遠いほど、到達しない可能性が高まります。努力が全て報われるわけではないことは自明の理です。運も左右することになるでしょう。

もう一つの問題は、よしんば目標に到達したとしても、人生はまだ続くということです。大きな夢・目標を達成してしまった後、その達成感に満足してしまい、放心したような晩年を暮らす人もいます。素晴らしい目標・夢を実現できたとしても、残りの人生をどう生きるのか、という問題が立ちはだかるのです。

更に大きな目標を掲げて、邁進することになるのでしょうか。こうした意欲的な取り組みは賞賛に値するとは思いますが、この意欲がどこから生まれてきているのか、という落とし穴があります。

 こうした意欲的な心理は、「欠乏感」から生まれているのです。何かが足りないから、次から次へと何かを達成することで、自分は小さな存在ではないと主張したい‘こころ’を持つのです。

 人は、この広大な宇宙に比して、僅小な存在に過ぎないが故に、自分は小さくない、矮小な存在ではないと主張したいが故に感じる「欠乏感」です。

 しかし、この欠乏感は、どんなに、何を達成しても満たされることのないものです。また自分を必要以上に大きくしようという行為自体が、宇宙の調和を乱す元となってしまうかもしれないのです。

 ここを脱出するために、達成するという考え方から成長するという考え方に進化するのです。何か目標に向かって困難を乗り越えるのは、達成するためではなく、その困難は自分が成長するために存在するということに気が付くのです。

 こうなってくると、困難というものの意味付けが大きく変わってきます。勝者になる考え方や達成する考え方をしている間は、困難というものは乗り越えなければならない苦であり、ネガティブなものでした。ところが、成長するという考え方に立つと、困難は成長するために必要なものであるとポジティブに捉えることができるようになります。

 このように考えられるようになると、夢に対する考え方も変わってきます。夢というものは大きなもので、困難を伴うと考えてきたものが、困難そのものが自分を成長させてくれるものであり、それ故、大きな夢を持つのだと。

 前節で、「夢は、個人的な欲望でよい」と述べましたが、自己の成長をもたらす欲望であり、単に「何もしないでよい」とか「ラグジャリーな暮らし」といったものでは、本質的な幸せには繋がらないのです。

2010年9月30日木曜日

夢に向けて進んでいますか?

「あなたは、どんな生き方がしたいですか?」「どんな生活が望みですか?」

「それは、叶っていますか?」

この質問をして、「ハイ」と明確に答えられる方は、まだまだ少数派かもしれません。

こうした方は、お金持ちでしょうか?事業で大儲けした人でしょうか?政治家でしょうか?一般のイメージでは、いわゆる成功者の方というイメージでしょうか。

しかし、一般に成功者と言われている方で、自分の望む生き方をされている方はむしろ少数ではないか、と私は考えています。

もちろん、何かに打ち込まれて、何かを成し遂げていることは素晴らしいことです。ただ、その人自身が本当にしたい暮らしをしているかどうかとなると、話は別になる気がします。

先の質問に「ハイ」と明確に答えられている方は、ごく普通の方に多いように思われます。

そのわけをこれから書いていこうと思いますが、その前に、次の質問をしたいと思います。

「あなたは、夢を持っていますか?」

そして、

「夢に向かって、突き進んでいますか?」

子供の頃、プロ野球選手になりたい、宇宙飛行士になりたい、医者になりたい、など誰でも夢を持った経験があると思います。

ところが、大人になっていつの間にか夢はどこかに消え去り、現実的な生活に埋没してしまう方が大半になっているのではないでしょうか?

なぜなら、夢という言葉には、何か大きなものを達成しなければならないという強迫観念があり、大きな困難や苦労が伴うものだからです。ですから、大人になって自分の能力の限界を感じあきらめてしまうのでしょう。

夢は、志(こころざし)を内包しており、スーパーポジティブな考え方をする人以外には、つらいものになってしまうと考えられているのでしょう。

しかし、夢というものは極めて個人的なものであってよく、それぞれの個人が勝手にかなえたい欲望であってよいと私は考えます。

個人的な欲望である夢は、一見てんでんバラバラになっているようですが、社会の中では調和していくものだと思っております。いわゆる‘神の見えざる手’によって調和するのです。

ですから、全ての方が‘好きなこと’を実践していくことこそが、世界の調和をもたらすことだと思っています。

もしあなたが、‘一生南の島で遊んで暮らす’ということが夢であるならば、その夢を実現してください。あなたが南の島で暮らすことを実現する過程で、世界に貢献することになります。いや、南の島で遊んでいるだけでも、世界に貢献することになります。

まず南の島で暮らすための資金を用意するために、あなたは何かしらの手段でお金を稼ぐことになります。お金を稼ぐということは、あなたが社会に対して何かしらの貢献をすることを意味しているはずなのです。それを資産運用で成し遂げたとしても、それは、あなたの資金をマーケットに差し出すことで、リスクテイク資金として使われたり、マーケットに流動性を与えたり、ある社会貢献する会社の資金繰りに使われたかもしれません。

また実際に南の島で遊んで暮らすと、あなたは純粋消費者となって、雇用を生み出すことになるかもしれないのです。

どんなことであっても、あなたは社会に貢献する存在であることには変わりないのです。

そこで、どんな生き方をしてもいいのですが、死ぬ間際に「ああ、いい人生を送れた」と満足感を持って死んでいける生き方ができたかどうかが重要になってくると思います。

そう、「人生の成功者」にはなって欲しいと思います。

2010年9月7日火曜日

感情と友達になろう

感情のコントロールが大事だなどとよく言われますよね。

でも、感情のコントロールができる人間なんて、いやしないのです。

そもそも、浅はかな人間には、感情のコントロールは不可能と言えるでしょう。脳下垂体のヘントウ体がピクピクしちゃったら、もうダメです(笑)

では、感情をコントロールすることができないなら、どうしたらよいのでしょうか?

まず知るべきことは、「感情は、情報」ということです。自分の深層心理、無意識を読み解く鍵などのです。よく「こころの声を聞きましょう」なんていいますが、それは思考でやってはダメで、アンテナである感情を汲み取ることなのです。

直観力を鍛えようなんていうこともよく言われますが、直観力とは、この感情を汲み取る能力のことなのです。
ですから、日頃から自分の感情に注意を払うことが大切です。

そう、感情と友達なることが大事なのです

2010年2月3日水曜日

心の糧七か條

 昔友人からいただいた、京都、嵯峨 小倉山 二尊院の「心の糧七か條」がありました。

 是非、噛み締めていただきたいと思います。

 1.此の世の中で一番楽しく立派なことは生涯を貫く仕事を持つことである

 1.此の世の中で一番さみしいことは自分のする仕事がないことである

 1.此の世の中で一番尊いことは人の為に奉仕して決して恩に着せないことである

 1.此の世の中で一番みにくいことは他人の生活をうらやむことである

 1.此の世の中で一番みじめなことは教養のないことである

 1.此の世の中で一番恥であり悲しいことはうそをつくことである

 1.此の世の中で一番素晴らしいことは常に感謝の念を忘れずに報恩の道を歩むことである


 要約すると、「奉仕の心で、生涯を貫くやりがいのある仕事をし、他人を羨まず、正直に、嘘をつかず、感謝の念を忘れずに生きること」が「シアワセ」に生きることである、ということでしょうか。