2013年10月14日月曜日

グローバル時代の生き方

 グローバル(地球規模)という言葉が定着して久しいですが、このグローバルな
環境はなぜ、生まれたのでしょうか?

 それは、米国における、レーガン政権時代の規制緩和による「金融」、「通信」、
 「運輸」の自由化革命によって始まり、それが世界中に伝播することで広まったと
考えられます。

 従って、米国はこの3要素の優位性を武器に2度目の繁栄を築き(パックス・ア
 メリカーナ)、21世紀をスタートさせたのです。

 しかし、ご存知のように、リーマンショック後の金融混乱により、米国を中心と
 した金融資本主義はその欠陥を露わにし、経済を危機に陥れることになり、未だ解
 決していない状況です。

 とは言え、グローバル化という流れは止まることなく、新興国を巻き込んでその
拡がりを大きくしています。

 こうしたグローバル化が進む時代には、私たち個人は「国家に守られた個人」と
 して生きるのみならず、「個人としてグローバルに活動すること」が求められるのです。

 グローバルに活動することが求められるといっても、誰もが世界中を飛び廻るこ
 とができるわけではないと思われる方もいらっしゃいましょう。

 しかし、インターネットの普及により、私たちは世界中のあらゆる企業を相手に
ショッピング(売り手同士を競合させ、しかも品質向上させること)ができるよう
 になったので、広い意味でのアービトラージという手段を手に入れたのです。

 従って、消費者ニーズを直接発信することができるようになり、より生活向上の
消費が容易になりました。

 ただし、消費者ニーズを的確に掴んだ企業は独り勝ちする一方、従来型の企業は
疲弊し、全体として企業収益が減少する中、大半の従業員としての私たちの収入も
減少することになってきているのです。

===============================================================
 資産運用を具体的に学習したい方は、私が運営しております「インベストメント・サロン
へいらしてくださいね