2007年6月7日木曜日

(4)新しいライフサイクルの考え方

 前回、ライフプランニングをしっかりしましょう、ということを述べましたが、
ライフプランニングをするにしても、どんな人生を生きていくのかという
グランドデザインがなければプランニングしようがありませんね。


 どんな人生を生きるのかというライフデザインをしっかり作ることが大前提に
なります。そのライフデザインを考える上で、これまでのライフサイクルを前提
に考えていては、これからの大変化の時代には適応できなくなりつつあるのかも
しれません。


 逆に、新しいライフサイクルで人生を展開した方が、あなたらしい人生を送れ
るかもしれません。


 これまでのライフサイクルは、まず学業があり、卒業後就職。その後結婚し、
子供ができ、家を買う。定年まで勤め上げ退職し、その後は年金生活に入るとい
うものでした。


 学業-卒業-就職-結婚-出産-持ち家取得-退職-年金生活というライフ
サイクルですね。


 これからの時代は、自分の夢を実現するために様々なライフサイクルがあって
もいいと思いますし、そうあるべきだとも思います。


 例えば、学業(-起業)-卒業-就職-若年退職-結婚出産-勉学-
(再)起業or再就職というようなライフサイクルがあってもいいかもしれません。


 この例ですと、学生の時にビジネスを学んだり、社会を知るために自分で事業
を起こします。その事業が成功して大きくなればそれに越したことはありません
が、大半は経験不足やリソースや信用が足りないということでそんなにうまくは
いかないでしょう。でも、いい経験です。卒業後、一度就職をして経験を積みま
す。一定の経験やお金が貯まったら退職し、結婚したり子供を作り育児をします。
今流行りのセミ・リタイアみたいですね(笑)


 そのセミ・リタイア中に、より専門的な知識を蓄えるために学校に行ったり、
たくさんの本を読んだりして勉強し、今度は経験と豊富な知識、人脈を持って独
立企業したり、または、自分の力を試せる大きな会社に就職するというものです。


 こんなライフサイクルがあってもいいと思いませんか?


 かくいう私のこれまでの人生は、学業-起業チックなもの-卒業-就職-結婚-
海外赴任-退職-転職-離婚-(二度目の)退職-ベンチャー企業-独立起業-
結婚出産という流れとなっています。


 今後は、ビジネスシステムを作り上げ、後で述べるパペチュアル・トラベラー
なって世界中を生きていきたいと思っています。


 いずれにしても、これまでの既成概念を取り払い、自分らしいライフサイクルで
生きていくことも一つの考え方ではないでしょうか。


 あなたは、どんなライフサイクルで生きていきますか?