2007年5月17日木曜日

(2)パラダイム・シフトを起こそう

でも、幸せになる、金持ちになる、自由な人生を送るなど、変化を起こしたいなら、
自分を変えなければなりません。

今のままの生活を続けていても、決して変化は訪れないでしょう。

自分を変える、つまり、パラダイム・シフトを起こす必要があるのです。
パラダイムとは、モノの見方、考え方という意味ですが、そのパラダイムを転換する
のです。どういうことかと申しますと、

「何も考えない自分」、
「現状に満足してしまう自分」、
「慣れてしまった生活に流される自分」

といった現状から、

「自分はこうしたい!という明確な目標・夢、そして計画を持つ自分」、
「変化を恐れない、拒まない自分」

に自分が変化する必要があるのです。

では、その変化をどうやって起こしたらよいでしょうか?

 「生きがい」や「夢」をもって暮らしている人は、毎日が「ワクワク」している
ものです。その「ワクワク」感はどこから来るのでしょうか?

 それは、自分の「大好きなこと」をして暮らしていることです。その「大好きなこと」
をライフワークにしてしまえば、これほど幸せなことはありません。「大好きなこと」を
コツコツ続けていけば、必ず自己実現につながるでしょう。

 この「大好きなこと」をすることを、「生きがい」と定義したいと思います。

 「生きがい」を見つけることこそが、人生の目的といっても過言ではなく、自分を
変える契機になるものだと思います。生きがいをみつけ、それをライフデザインする
ことが重要なのです。

 「なりたい自分」をはっきり認識し、そうなれると信じ、そのための行動を
するということが、まさに自分の人生を生きているとは言えないでしょうか。

 
それこそが、自分の思い通りの人生を生きているということです。


 ところで、あなたは、あなたの人生の主役になっているでしょうか?

 どういうことかと申しますと、しなければいけない義務や家族や社会から与えられた
役割で人生がいっぱいになっていませんか?


両親の期待に応えなければならない義務、期待に応える役割、
家族を守らなければならない義務、家族を守る素晴らしい夫の役割
夫を支えなければならない義務、夫を支える従順な妻の役割
上司の命令に従う義務、期待に応える優秀な部下の役割

といった義務や役割に捉われていないか、ということです。


 また、お金に捉われている人、つまりお金が主人となっている人もたくさんいます。


今、なぜ働いているかを考えてみてください。


生きるため?
生活するため?
家族を養うため?
老後資金を貯めるため?
住宅ローンを返済するため?


 こうした理由を挙げた人は、結局、お金のため、お金を得るために働いている
のですよね。お金を得る必要があるから、今やっている、好きでもない仕事をや
められなかったりします。その仕事が本当に好きならば、いいです。でも、好き
だと信じ込もうと思ってはいませんか?


 ある友人が、サラリーマンを辞めて、本当は新しい形のセミナー業をやりたい
と言うので、「なぜ、やらないの?」と聞いたら、「一時的にせよ、お金が入っ
てこなくなるのが不安だ。いつ軌道に乗るかも定かでない。妻も説得できない。」
と言います。


でも、これって逃げているだけだと思いませんか。確かに、一時的に金銭的には
辛くなる時期があるかもしれません。ならば、貯蓄をするなりその準備を始めれば
よいでしょう。どうして、妻子を説得できないのでしょうか?どのようにビジネス
を展開し、今後しばらくのお金の出入りがこのようなもので、いつ頃軌道に乗るの
かと、具体的に説明しているのでしょうか。自分の夢やビジョンを具体的に語って
いるのでしょうか?結局、新しい一歩を踏み出せないということの理由をつけて、
本当にやりたいことから逃げているだけではないでしょうか。


 夢には段階があるということを聞きます。幻想目標予定の4段階です。


上記の友人の願望はまさに、幻想なのです。何々したいなーとただぼんやり
思っているだけで、何もしようとはしていません。自分の願望が実現しないと
思っていたり、いやだと思っている現実から逃避するために、この幻想の世界
でふわふわ浮いているのです。


 という段階では、幻想よりも形が具体的になっていますが、
具体的にどのような行動をするのかが明確になっていません。夢は夢のままに
していると、いつまでたっても実現しません。

先の友人の例だと、何をやるにしてもお金は必要だからと、漠然と貯蓄くらいはして
いる段階ですね。でも、次に踏み出す具体的なステップがないのです。


 目標という段階では、具体的にどのような行動をいつまでにするのかが
明確になっています。
目標設定までいけば、後は努力次第で実現する可能性は高いのです。なぜなら、
目標設定できたということは、具体的であり、測定可能であり、現実的であり、
期日があるという要件を満たした目標を実現すると自分に約束したことだからです。


 最後の段階の予定までくると、ほとんど100%実現しますよね。
あなたの手帳に書いてある予定って、ほぼ必ず実現することとして書いてあり
ますよね。ですから、やりたいこと、なりたいことをこの段階に持ってくれば、
その願望は必ず実現するのです。