2007年4月14日土曜日

シドニーツアー1


今年になって、オーストラリアへはもう二度訪れています。
1回目は、2月16日から3月2日まで、
2回目は、3月22日から4月8日までです。

実は昨年11月7日から11月30日までもオーストラリアへ行っています。
何をしに行っているかって?

基本的には、オーストラリアを味わっています。若干ビジネス・ミーティングも
ありましたが別に会わなければ話ができないという内容でもないので、
ビジネスという感じでもないですね。

自己紹介でも書きましたが、「楽しく」、「自由に」生きて、「豊か」になるを
実践する倶楽部


「オーストラリア大地のめぐみ倶楽部」(http://www.daichi-megumi.jp/ )を

ライフワークとしてやっているので、僕が「楽しく」遊ぶことがテーマなのです。

今回、その遊ぶテーマの集大成で、3月最終週に、投資家さんをお連れしての
シドニー・ツアーを行いました。
これがその日程表です。

(日程)
3月24日    夜:成田又は関空発
3月25日   7:00~8:00頃 シドニー着
          軽く市内見学をして、そのままハンターバレーへ
         ワイナリー見学
         (ハンターバレー泊)サイプレス・リゾート
3月26日   午前:サイプレスにて、ゴルフ(チャンピオンコース)
         その後、自由行動
         夕食は中華Golden Centuryで、あわびのしゃぶしゃぶなど
         (シティ泊)Star City
3月27日   朝:ブルーマウンテン観光
         午後:自由行動(ロックス、オペラハウス、ダーリングハーバー)
         夜:ガリレオにて、犬飼シェフの特別メニューを楽しむ
         (シティ泊)Star City
3月28日   朝:マンリーへ(フェリーにて)
         Hastings訪問(投資セミナー)
         午後:マンリー・リゾートを楽しむ
         夕食は、YUKIS at the Queyにて
         (シティ泊)Star City
3月29日   1日:クルージング(シドニー湾をクルージング、釣り、BBQを楽しむ)
         夕食はベトナム料理SAIGON METROにて
         (シティ泊)Star City
3月30日   自由行動(Camdenにてゴルフ)
         夕食は、中華Marigoldにて、
3月31日   帰国


結構盛りだくさんでしょ。そして、一般のツアー会社ではここまで充実したものは、
なかなかないと思います。

成田を夜便で発ち翌朝シドニー空港へ到着。チャーターしたバスでお出迎えし、
軽く市内観光。その後、 ハンターバレーへ向かいました。
ハンターバレーでは、ワイン三昧かつチャーターバスなので勝手気ままな
ワイナリーツアーです。最初は皆が立ち寄るよるようなワイナリーやチョコレート、
チーズ店を廻っていましたが、皆様に不評でした。
やはり人気にあぐらをかいているようではいけませんね。

そこで今度は、あまり誰も立ち寄らないようなワイナリーを廻ってみました。
とてもフレンドリー、かつ一生懸命なところがとても良かったですね。
そして、勉強にもなりました。写真を見てください。



Scaboroughというワイナリーです。









テイスティングするワインが識別できるようにシートを準備しているところが
心憎いですね。
このアイデアはいただき、とも思いました。次のワイン会には準備したいですね
(グラスの確保が大変なのですが)。

ワイナリーツアー後は、サイプレス・リゾートというところに宿泊。ここはハンターバ
レー近くで、ゴルフ、テニス、乗馬、エステなどなど、森林リゾートが楽しめるのです。
翌日は残念ながら雨が断続的に降ってしまい、ゴルフ組以外は困ってしまいました。
こういう天候のことも考えておかねばいけませんね。

27日には、世界遺産であるブルーマウンテン観光。そしてその夜は、我らがアドバイ
ザー犬飼晴信氏の料理を楽しむべく、オブザバトリーホテルのレストラン・ガリレオで
舌鼓。













いつも驚きの連続です。しかも、数日前に来たときとは違う料理を出してくださいまし
た(ちなみに、4月に再度来店しましたら、また違った趣向で料理を出してくださいました)。

28日には、Hastings Capital Pty Ltd.のあるマンリーへフェリーで向かいました。
ここの会議室で、投資セミナーを実施。まずは、社長のマーク・コバック氏が当社
と当社の主力商品の説明をしていただき、その後活発な質疑応答がなされ、
投資家さんたちの理解が深まったことと思います。













セミナーの後、実際の投資案件見学へ行ってきました。この物件については
以前にも倶楽部会報でお知らせした案件で、その時は1年ちょっとで20%超
リターンが期待される案件でした。
それが売却見込み額が上がり、リターンは更に高まったようです。

ここはマンリーの海岸を見下ろせる最高のロケーションで、しかも一軒家が少なく
価値が出ているとのことでした。
(最上段の写真が、その景色)













ランチの後は、リゾートとしてのマンリーを散策。












そして、29日はお待ちかねのクルージングです。個人所有のクルーザーで、シドニー
湾を我が物顔にクルーズ、そして船上BBQをしながらのフィッシングです。釣りのほうは
大漁で、ほとんどの人が初心者でありながら全員4~5匹はつったのではないでしょうか。
船上では、当倶楽部のワインが飲み放題ということで、ワインと海と美女を堪能しており
ました。








この日は天気はイマイチでしたが、皆さんクルージングを満喫していただけたこと
と思います。


最終日の自由行動では皆さんはComdenという牧場内のゴルフコースでゴルフを楽し
むと同時に、カンガルーなど野生動物たちとの遭遇に驚き、喜んでいました。


こうしてレポートしていると、すぐにも次のツアーがしたくなってきました。
是非、今回参加されなかった皆様も、次回は参加してみてくださいね。
早ければ5月にもと、考えておりますが、ちょっと早急ですかね。
シドニーは秋から冬に向かっていくので、季節的にイマイチですので、
次回はゴールドコースト、ケアンズなどを加えていきたいですね。


11月以降になったら、是非食のおいしいアデレード、その背後にあるオーストラリア
最大のワイナリー地帯・バロッサバレーなどにも皆様をお連れしたいと思っています。

2007年4月13日金曜日

諸星きぼう、通称ダン、と申します(自己紹介)


はじめまして!


 ダンと申します。フルネームでは、諸星きぼう、と申します。


 なぜ、ダンかって?


 ウルトラセブンって知っています?僕の年代に近い人なら知っていると思いますが、ウルトラセブンに変身する人の名は、そう「諸星ダン」というわけで、そのダンを頂いたわけです。 えっ、じゃパートナーの名前はアンヌかって?残念ながら違います(笑)これからアンヌという人を探そうかなー。


 名前は覚えていただけました? そう、ダン、諸星きぼうです。以後、お見知りおきを。


 これまで何をしてきたかといいますと、東京大学を卒業後、大手都市銀行に就職して、主に資金運用部門でトレーディング業務をやってきました。デリバティブってやつもトレーディングしてきました。


 ロンドンでも勤務していたことがあります。ロンドンは、東京とニューヨークの間にあって、早朝から夜までトレーディング三昧の生活にぴったりの場所。 朝方(夜中)から昼は東京市場を見て、早朝から夕方まではヨーロッパ、昼から夜まではニューヨークというように、まさに24時間マーケットの真っ只中にいるという感じ。楽しいけど、ちょっと大変でしたね。


 ロンドンは1年半くらいで早々と退散しました。なぜかって?寒いからです。僕は寒いのが大の苦手で、摂氏4℃以下になると必ず具合が悪くなるのです。というわけで、次の冬はロンドンで迎えたくないということで、会社を辞めちゃいました。 辞めた後は、東京に帰って、外資系銀行に転職してALMをやっていました。ALM-アセット・ライアビリティ・マネジメントなんて かっこよく書きましたが、要はまたトレーディングやっていました。 外資系っていうと何かかっこいい感じがするかもしれませんが、実際はいやなところですね。実力主義なんて言葉に踊らされてましたが、政治力が全て。それも実力か、うん、そうだねー。いわゆるヒューマン・スキルってやつですか。 今では研修会社もやっていて、そういうスキルも理解しましたのでその重要性はわかりますが、当時は腕一本で食っていける世界だと思っていたもので したから(笑)


まあとにかく、実力主義で、稼いだ額に比例して報酬を貰えるなんて夢見ていましたが、当てがはずれました。おまけに政争に巻き込まれて、あえなくリストラされたってわけです、はい。いや、何も無くてもリストラされていたか(笑)


 まあ、都市銀行をロンドンで辞めたときには、純負債主体、つまり資産よりも負債の方が多い経済状態だったのですが、外資系にいたお陰で、今では大した金額ではないですが、何とか数千万円(下のほうです(笑)-ちょっと見栄を張りました)の金融資産を持てましたので、良しとしましょう。 リストラされた時期は折りしも、1999年終わり近く。ITバブルの真っ只中の時期。それにしてもこの年は、後から考えると鬼門の年だったのかも。春にはオヤジに逝かれ、夏には女房に捨てられる、そしてリストラ。傍から見ると、最悪の年に見えるかもしれませんね。


 でも、僕にとっては最高の年だったのです。なぜなら、この年を境に、今の僕になっていったのですから。 リストラされた直後は就職活動もしましたが、気位の高い僕は、選り好みはするは、条件は付けるはで、なかなか決まりませんでした。 そうこうするうちに、面白そうな事業をやろうとする人がいたので、無理やり仲間に入って事業を始めました。


 その事業は「投資教育」事業でした。 その後、色々やっていますが、今では会社が4つになってしまいました。 現在メインでやっている事業は、アセットマネジメント事業ですね。要は、資産運用ビジネスです。現状はオーストラリアへの投資を中心にやっています。


 ライフワークとしてやっているのが、


 「オーストラリア大地のめぐみ倶楽部」http://www.daichi-megumi.jp/  という倶楽部です。  


 この倶楽部は、「楽しく」、「自由に」生きて、「豊か」になる、ということを実現する仲間を応援する倶楽部です。ぶっちゃけ言うと、「自由人」になって、僕とオーストラリアを中心に世界中で遊ぼうという倶楽部です(笑)


 元々、この倶楽部の会員が「豊か」になるために始めたのがファンド事業で、オーストラリアへ投資してリッチになって、物質的にもフル回転して、楽しもうということです。 ですから、このブログを読んで共鳴してくださった方たちに、是非仲間になっていただきたいという試みがこのブログというわけ なのです。


 さて今後ですが、まず、2~3年以内にオーストラリアへ移住しようと思っています。 でも、年の半分くらいはオーストラリア外、日本が中心になると思いますが、世界中を飛び回りたいと思っています。  


 あと、近いうちにVineyard(ワインを造るためのブドウ農園)を買って、そこに宿泊施設を作りたいと思っています。その施設に会員が集まって、オーストラリアの息吹を感じ、自然と一体化して何かを感じて欲しいと思っています。 満天の星空とブドウ畑とカンガルーしかいないような所です。そこで、是非、自分自身との会話を楽しんでみるのもいいものです。


 あとは、ワインを楽しみましょうね。 こうした施設をどんどん増やしていくのが、今の楽しみでもあります。 自己紹介が長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただいてありがとうございます。


 これからのコンテンツを楽しみ にしていてください。